♪勝手にれびゅー♪ (21)へんてこな夢 忍者ブログ
好きな映画やフリゲの感想や紹介をしています。 初めての方は『全般』の『はじめに』を読んでいただけると嬉しいです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ひろうか~ん♪
・・・が残る今日この頃です。
ただの私の日記になりつつある、このブログ。
レビューが全然増えない事を、今日もお詫びします。

さて今日は、明け方に見たへんてこな夢のお話です。
夢は良く見ますね。たいてい『へんてこ』なんですが、
きちんとストーリーがあったりします。
今回の舞台は、江戸時代???

--------------------------------------------------
私は、お城に仕える田舎上がりの奉公人。雑用係のような娘でした。
あるとき、1人の武士と私と、殿様にお供しておりましたら、
可愛らしい女がなにやら困っておりました。
そこで殿様は声をかけましたらたいそう気に入られて
奥方になる人を探していた殿様は、次に会う約束をしました。
母上や城のものには内緒にするようにと、硬く口止めされました。

そして、約束の日の夜。
たった1人お供を連れて、出かけていきました。
殿様が見えなくなるまで深々と頭を下げ
私たちはそれを見送りました。
ゆっくりと顔を上げると、入り口に人の気配が・・・

なんと、石灯籠の上にお坊様が座っていました。
お坊様は、
「あれ(女)はサンジャじゃ。連れて行かれれば10日は帰ってこん。」
(サンジャってなに?蚕邪?参蛇?なんじゃそら?)
それだけ言うと消えてしまわれた。
私たちは石灯籠に深々とお辞儀をし、慌てふためいた。
あわてた私は殿の母上に、
「ばあちゃん!ばあちゃん!あんたらお坊さん、おら初めて見ただ!」
(失礼極まりない・・・どんだけ田舎者だよ^^;)
と、興奮しながら事の経緯をすべてばらした。
城中が騒然としているところに、嫁入り衣装を着飾ったあの女が
待っているのに殿様が来ないと訪ねて来た。
はたして、こやつは妖かしか・・・?
----------------------------------------------------------------------------

目が覚めちゃってここまでです。

続くっ!!


・・・のかなぁ^^;



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
青い鳥
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]